follow us in feedly  

LOVE理論(水野敬也)

LOVE理論「水野敬也」

風邪ひいたし外寒いから家で本読もうシリーズ5冊目は「LOVE理論」

水野敬也?なんだ、ただの天才か。堅苦しいタイトルと打って変わり笑いどころ満載で終始ゲラゲラさせてもらったわ〜

「夢をかなえる像」も水野敬也が書いてるよね?ガネーシャの強烈なインパクトは未だに色褪せないし、「LOVE理論」の愛也先生も負けず劣らず相当強烈なキャラクターでした。

恋愛とか女性との会話、コミュニケーションを重く考えすぎちゃう人は「LOVE理論」ゲラゲラ読んで、なんだ女ってそんなもんかって刷り込めばスッと肩の荷が下りると思う。

ぶっちゃけ俺は「僕は愛を証明しよう。」とか堅苦しいのより「LOVE理論」みたいに少し緩い系の方が全然好き!楽しい恋愛を堅苦しい本読んで重く考えちゃたらどうすんねん!

そんな天才(崇拝)水野敬也著「LOVE理論」を読み終えたばかりなのでハイライトつけた箇所中心にまとめていく。水野敬也めっちゃ好きやわ。

はじめに

魅きつけられるフック(本の書き出し)を読んで「あ、これ絶対おもしろい!当たりの本掴んだわ」って確信した。真剣かもしれないけどまあ半分以上フザけてるよね。そこがいい。

結論から言うと、今からお前をトム・クルーズよりモテる男に育て上げることになる。

執着の分散理論

巷の恋愛本でよく目にするLINEを同時進行したり一週間に複数人とデートしろ系の理論。だけど言い方が個人的にツボ。俺が水野敬也にドハマしたからという可能性は否定しない。

俺の経験上の数値として、五人以上の女を同時に口説くと、ほとんどテンパらなくなる。と言うより、誰が好きなのかも分からなくなる。

大変じゃない?理論

途中でツッコミたくなる。我慢。(自戒)

ところで、女の愚痴に対してああだこうだと自分の意見をのたまう男がいるが、絶対にヤメ路。女が愚痴を言い終えた頃を見計らって次の一言を添えるだけで良い。「頑張ってるね」

モテファッション

ファッションセンスの高い友達に選んでもらおう。楽だし無難。

好みを捨てろ。個性を捨てろ。自分を捨てろ。モテるために必要なのは、まず捨てることだ。

コミュニケーション能力

友達のコミュ力高い男と飯食ったり飲んだりして真似してれば身についてくる。

恋愛は会話(コミュニケーション)能力で決まると言っても過言ではない。女と一緒にいる間は常に会話が交わされるわけだから、この能力こそが恋愛を大きく左右する。コミュニケーション能力を向上させるために俺がいつも口すっぱく言っているのは一つだけだ。「マネをしろ」

合コンにおけるポジション

現時点で存在が確認されている30個ある主な合コンポジションの中から何個か抜粋。

【スナイパー】空気が読めていなかったり、場を乱す女に狙いを定めてケアし、おとなしくさせる。

【牧師】最近嫌なことがあってヘコんでいる女の悩みをひたすら聞く

【公正取引委員会】 飲み会途中に他の男とメールをしている女を取り締まる。

【大先生】会計を一人で全部払う。

女の序列

友達ストッパーかかると結構めんどくさいやつ。

女というのは人間関係の序列に非常に厳しい生き物である。女たちの中で誰が一番気を使われているのか、その序列を見抜くのである。場合によってはその場で一番ブサイクな女がトップに君臨している場合もあるから気をつけろ。

自分のキャラ設定

全く興味を示さない感じより初対面から好意をチョイ出ししていく多少軽い男と思われるくらいでいい。(自戒2)

初対面で誠実なキャラを打ち出していくのはリスクがないようで、実は大きなリスクがある。それは、いざ口説こうとしたときに、「トモダチ」から「オス」へのキャラクターチェンジをしなければならず、そのときに「何こいつ色気付いてんの?」となって、女に嫌われるケースが多々あるということだ。

不思議ちゃん要素

ミステリアスな要素を少し含める。何考えてるかわからないって言われる的な。

いつも楽しませてくれたり、呼べば必ず来てくれるような男より、ちょっと不安にさせたり、もしかしたら離れていってしまうんじゃないかと思わせるような男がモテている。

女は自分だけの物差しで男を見てる

だそうです。男みたいにバカ単純ではないようだ。

女は、好きになった男の全てを好きになる。ブサイクであっても、チビであっても、デブであっても、貧乏であっても、バカであっても、歌を歌えなくても、走るのが遅くても、女は惚れた男の全てを好きになる。

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!