follow us in feedly  

【最新版】六本木と渋谷のおすすめクラブ2017

【最新版】六本木と渋谷のおすすめクラブ2017

2017年3月6日追記
→渋谷のおすすめクラブにキャメロットを追加しました

六本木渋谷クラブをお探しのあなたに、間違いなく楽しめるおすすめクラブを紹介!

服装イベントについても出来る限り書いていこうと思うので、少し長くなりますがお付き合いください。

気になるクラブを目次からタップすると、そのクラブの説明まで一気にスキップできます。

六本木のおすすめクラブ

V2 TOKYO

六本木のおすすめクラブで真っ先に名前が挙がるのが芸能人御用達のV2 TOKYO(以下V2)です。

V2 おすすめの理由①アクセス

六本木駅から徒歩5分で東京の大人気クラブへ遊びに行けます。

V2 おすすめの理由②美男美女

イケメンと美女がとにかく多いイケメンと美女の多さは東京で群を抜いて1番と言い切れます。

昔V2に遊びに行った後に書いた記事から引用⬇️

誰だクリスマス前のボーナスゲームって言ったの

男から見ても「うわっ、こいつかっけえ」って人結構いる。「顔ちっさ、芸能人かよ」って子が2人くらいいた。ネットでよく見るV2は男女共レベル高いってのは本当。(JJ-Labo)より

V2 短所①待たされる

V2は男女比が1:1になるように入場調整しています。週末は特に人が多く待たされることを覚悟してください。ハロウィンシーズンは24時前に入場しないと2時間待ちます。

女性だけのグループに限り待ち時間0で入場することができます。

V2 イベント

公式ホームページ発表のV2のイベントページを下に貼り付けておくので必要に応じて確認しだください。どんなイベントでも平日でも人は多いです⬇️

V2 服装(ドレスコード)

V2ホームページの公式発表を引用します⬇️

当店の雰囲気にそぐわないラフな服装(ハーフパンツ、タンクトップ、スウェット、サンダル、刺青、穴の空いた服)の方はご入場をお断りさせていただきます。(V2 TOKYO公式ホームページ)より

V2 入場料

平日や週末など条件によって入場料が変わります。詳しくは下記V2公式ホームページをご確認ください⬇️

MUSE(ミューズ)

V2の次におすすめなのがMUSE(ミューズ)(以下ミューズ)です。

ミューズ おすすめの理由①男も座れる

男はVIP席を取らないと座れない(休めない)のが一般的ですが、ミューズはVIP席以外に男でも座れる場所があります

ミューズ おすすめの理由②混みすぎない

ハロウィンシーズンなどの繁忙期でも、V2と比較すると空いているので少ない待ち時間で入場することができますし、満員電車のように込み合うことは珍しいです。

ハロウィンにミューズへ遊びに行った時の記事⬇️

ハロウィンウィーケンド第2弾は六本木のクラブMUSE(ミューズ)です。

ミューズ 短所①遠い

西麻布4丁目にあるので六本木駅から10分歩きます

ミューズ 短所②入場に名刺が必要

身分証+名刺(仕事が分かるもの)を入場時に要求されます。そして、持っていない場合は入場することができません

ミューズ イベント

公式ホームページ発表のミューズのイベントページを下に貼り付けておくので必要に応じて確認しだください⬇️

ミューズ 服装(ドレスコード)

ミューズホームページの公式発表はありませんが、サンダルやハーフパンツでは入場できません。先ほど紹介したV2のドレスコードと同じレベルと考えて間違いないです。

ミューズ 入場料

平日や週末など条件によって入場料が変わります。詳しくは下記ミューズ公式ホームページをご確認ください⬇️

Ladies: Entrance Free !
Gentleman: ¥3,500 / 2drink tickets
※イベントの場合、料金に変更があることがありますので、ご了承ください。(ミューズ公式ホームページ)より

渋谷のおすすめクラブ

ATOM TOKYO(アトム東京)

渋谷のおすすめクラブはATOM TOKYO(アトム東京)(以下アトム)以外考えられません。

アトム おすすめの理由①平日でも人が多い

平日のアトムには何回も遊びに行ってますが、いつ行っても賑わっています。平日も週末もアトムへ行けば多くの人で賑わっているという集客力がアトムの長所

平日アトム東京に遊びに行った時の記事⬇️

結論:めちゃくちゃ盛り上がってます。渋谷のクラブナンパはATOM TOKYO(アトム東京)で間違いありません。

アトム おすすめの理由②客層が若い

20代前半のノリのいい男女が遊びに来ているクラブなので、20代前半の男女と出会いたい、友達になりたいという人に最適なクラブ。

こんな記事もありました⬇️

2016年11月5日(土曜)@渋谷ATOM TOKYO(アトム東京) 1つ前に渋谷の有名クラブWOMB(ウーム)の記事を書きま...

アトム の短所①混みすぎる(ハロウィン)

人気クラブの贅沢な悩みかもしれません。人が集まりすぎて身動きが取りにくい日が存在します。ズバリその日はハロウィン

初めてクラブをサウナだと感じた日⬇️

ハロウィン前にコスプレ美女を探しに渋谷へ行ってきました。Hub(ハブ)からクラブの渋谷王道パターン!

アトム イベント

公式ホームページ発表のアトムのイベントページを下に貼り付けておくので必要に応じて確認しだください⬇️

イベントに関係なく毎日盛り上がっているアトムですが、強いていうなら毎日土曜日のTOKYO RAVEがおすすめイベントです。

アトム 服装(ドレスコード)

アトムホームページの公式発表を引用します⬇️

ドレスコードがございます。当店の雰囲気にそぐわない服装のお客様は、御入場をお断りさせて頂く場合がございます。(ジャージ・スウェット生地のパンツの着用/ビーチサンダルやゴム製スリッパの着用etc..)

入れ墨、タトゥーを露出した状態での御入場及び、男性のタンクトップのみ着用での御入場は、お断りさせて頂きます。
(ATOM TOKYO公式ホームページ)より

アトム 入場料

平日や週末など条件によって入場料が変わります。詳しくは下記アトム公式ホームページをご確認ください⬇️

CLUB Camelot(クラブキャメロット)

初めて遊びに行ったクラブキャメロット(以下キャメロット)が想像以上にいいクラブだったので追記します。

2017年2月某日@クラブキャメロット 渋谷の「クラブキャメロット」(以下キャメロット)デビューしてきました。 ...

キャメロットおすすめの理由①男も座れる

アトムと比べると男性用の席が多く設けられていて、椅子に余裕があるのでいつでも座って休憩することができます。

席が多いので、男性から積極的に「座って飲まない?」「座って話さない?」と誘えるのも大きな魅力と言えるでしょう。

キャメロットおすすめの理由②音と映像が綺麗

DJブースから流れる音と、DJブースを囲むように映し出される映像がとても綺麗でした。

キャメロットに遊びに行った際は、DJブースの近くに寄って映像と音を楽しむことをおすすめいたします。

キャメロットおすすめの理由③満員電車ではない

アトムの週末は通勤列車のように「ぎゅうぎゅう詰め」になりますが、キャメロットは週末でもスペースに余裕があります。

かと言って人が少ないわけでは全くないので、うまくバランスが取れているクラブだと感じました。

キャメロット短所①大学生の身内が多い

キャメロットが力を入れて開催しているイベントの対象が20台前半の若者や大学生なので、「大学の知り合い」や「サークルの知り合い」という内輪の雰囲気を感じました。

キャメロットに遊びにいく際は、グループが多いということを頭の片隅に置いてください。

キャメロットイベント

週末を中心に開催される大きなイベントページのまとめは、下記URLよりご覧いただけます。

DJ KAORIなど名前を聞いたことのある有名人や芸能人も数多くゲストDJとしてキャメロットを盛り上げているので、随時確認してみてください。

キャメロット服装(ドレスコード)

先ほど申し上げたように大学生を中心とした若いお客さんが非常に多いので、スーツを着ている人は0に近いです。

ジーパン+Tシャツ+ジャケットのクラブ王道ファッションなら周りから浮いている雰囲気になるなことはありません。

・オシャレな服装でご来店ください。

・店側の判断によりご入場をお断りさせて頂く場合がございます。

・男性のサンダル、タンクトップ、ジャージ等ラフな格好での入場をお断り致します。また入れ墨(ファッションタトゥー)が見えている服装での入場もお断り致します。

・女性のビーチサンダルでの入場もお断り致します。

→(キャメロット公式ホームページ)より

キャメロット入場料

平日と週末で料金が変わります。

また、HAPPY HOUR(ハッピーアワー)と呼ばれ、指定された時間内に入場すれば安くなる時間帯もありますので、併せて紹介させていただきます。

平日
男→2,500円1ドリンク
女→1,500円2ドリンク

週末
男→3,500円1ドリンク
女→1,500円1ドリンク

HAPPY HOUR(ハッピーアワー)

平日(月・火・水)
男(24時までの入場)→1,000円1ドリンク
女(24時までの入場)→1,000円2ドリンク

平日(木)
男(24時までの入場)→1,000円1ドリンク
女(24時までの入場)→0円0ドリンク

週末(金・土・日・祝前)
男(23時までの入場)→1,000円1ドリンク
女(24時までの入場)→0円0ドリンク

以上、「【最新版】六本木と渋谷のおすすめクラブ2017」でした。

また新たにおすすめクラブを発見したら、随時ブログに更新していきたいと思いますので、ブックマークしてください。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!