follow us in feedly  

【good-byeすね毛】湘南美容外科表参道院でひざ脱毛したら1万円分のお年玉くれた!

プレゼントされたチケット

こんにちは!

ジムで筋トレするときはハーフパンツを履くのですが、そのときに見える(すね毛)と膝小僧の毛が「濃いな〜」と気になっていたので脱毛してきました。

気になっていたもじゃ毛が解消できて気分いいので、「俺の手入れされている綺麗なふくらはぎ筋肉を見ろ」くらいの気持ちでいつもより胸張ってジムを歩いてます。

というわけで、膝小僧の脱毛をしてきたので、脱毛体験談を書いていこうと思います!

全国57店舗

今回脱毛したクリニックは「湘南美容外科表参道院」です。

なんでいつも行ってる「池袋西口院」じゃないの?って思った方もいると思いますが、希望する時間の予約がいっぱいだったので諦めました。

北は北海道、南は沖縄まで全国57店舗あるので、少し足を延ばせば全国どこでも同じクオリティーで脱毛してもらえるのが、大手の良さですね。

ホームページから近くの店舗を簡単に探せます。
湘南美容外科クリニック

ベトナムとハワイのホノルルにもあるというのは驚きました。

全国57店舗ではなく、世界57店舗と言ったほうが正しいのかもしれません。

料金は21,705円

今回支払った料金は21,705

内訳

[脱毛料金]

膝→17,410円

膝小僧→6,070円

[会員割引]

レギュラー会員5%OFF

[その他]

剃り残し+500円

ポイント-100円

クーポン-1,000円

今回使用したアプリのクーポン

今回使用したアプリのクーポン

今回の領収書

今回の領収書

施術室

受付を済ませて待っていると看護師に受付番号を呼ばれ、カーテンで仕切られている部屋に案内されます。

施術台と脱毛の機械が置いてある部屋に案内されると、膝と膝小僧が見えるようにパンツ1枚になり、用意されたラップタオルを腰に巻いて施術台の上に横になります。

先生に脱毛箇所の日焼けを確認してもらい、許可がでるとすぐに看護師による脱毛が始まります。

「昨日ハワイから帰ってきました」という日焼けした肌の場合、深刻なやけどをしてしまう恐れがあり、安全面の配慮から脱毛を断られるので注意してください。

カーテンで仕切られている部屋

カーテンで仕切られている部屋

施術台とラップタオル

施術台とラップタオル

施術時間45分

膝と膝小僧合わせて45分くらい。

俺が脱毛中に隣の部屋に入ってきた女性のお客さんは、俺よりあとに来たのに俺より圧倒的に早く帰っていきました。

隣の看護師さんが「わき脱毛5回コースの3回目ですね」と話しかけていたのが聞こえたので、湘南美容外科のわき脱毛は安いから人気のようです。

ちなみに俺は5回1,000円コースじゃなくて無期限&回数無制限で3,400円のプランに入りました。

Q.医療脱毛は痛い?A.大して痛くない

看護師さん曰く、「膝小僧は毛の密度が高いので痛がる人が結構います」とのことでしたが、強がっているわけではなく、本当に大して痛くなかったです。

膝も所々「ちくっ」と痛むことはありましたが全然我慢できる範囲。

もし痛かったら看護師に伝えると直ちにレーザーの威力を弱めてくれるので、痛いと思ったら伝えてください。

余談ですが、今までで1番痛いと感じたのはVIO脱毛です。人生初めての医療脱毛に構えすぎていたのかもしれません。

今回使用した機械

今回使用した機械

※注意点(事前処理)

膝(すね毛)の脱毛には足のの毛も含まれます。

このことを知らなかったので、事前に足の指の毛を剃っていくことができずに、看護師の手を煩わせました。

事前処理を行わないと看護師によるカミソリorシェイバーの処理代として500円が加算されるばかりか、範囲が広い場合には脱毛を断られることもあるので気をつけてください。

膝脱毛をする際には、足の指と甲の毛を事前に処理していくと、施術時間を短縮できます。

事前処理が適当になり毛があまり剃れていないと、看護師の「手間かけさせんなよ」という意志を感じ、ひたすら申し訳ない時間と剃毛の音だけが聞こえる気まずい雰囲気が流れます。

お年玉キャンペーンで1万円GET!?

脱毛終了後に担当の看護師から、次回から使える「1万円分お年玉チケット」を貰いました。

湘南美容外科クリニックはこのようなキャンペーンを頻繁に行っていて、クーポンや割引の特典が毎月あるので経済的にかなり助かってます。

医療脱毛は安くないので、ホームページをチェックしてお得なキャンペーンがあったら見逃さないようにしましょう。
湘南美容外科クリニック

プレゼントされたチケット

プレゼントされたチケット

以上、「湘南美容外科表参道店でひざ脱毛したら1万円分のお年玉くれた」話でした。

またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!